初めてCadeauをご利用の方へ
























おちゃのこネット登録



ホームオリーブの木について
オリーブの木について About the Olive
育て方のポイント


小豆島産のオリーブの木のプランター植えです。水遣りの管理が楽なので結構大きな木でもプランターで育てる事が出来ます。

オリーブは、暖かくて雨の少ない気候を好みますが、意外に耐寒性が高く、冬はマイナス5℃程度なら耐えられるといわれています。

痩せ地でも良く育ちますが、苗木や若木の時にはできるだけ日当たりの良い場所で育ててあげてください。

鉢植えの場合で、寒い地域や寒風が強い場所で育てている方は、冬場は室内で日当たりの良い所に取り込んで育ててあげてください。

地植えする場合は、水はけの良い場所に植えるか、若しくは植える場所の水はけが良くなるように土壌の改良をしていただいた方が良いかと思います。
水はけが悪い場所では、地中で過湿になって根腐れを起こす可能性があります。

鉢植えの場合は、鉢土に水はけの良い土を使ったり(市販の培養土に赤玉土などを2~3割程度混ぜても良いでしょう)、鉢底に軽石などの鉢底石を入れたりして、根腐れをさせないような工夫をしておきましょう。



水やりのポイント


水遣りは土の表面が乾いてカラカラになってからやれば充分ですが、他の樹木との兼ね合いもありますので、過剰に与えないように心掛けていただければ充分です。
水のやり過ぎは根腐されの原因になるので充分に注意をしてください。

鉢植えの場合は、鉢受け皿に水が染み出てきたら充分で、しばらくして鉢受け皿に溜まった水は捨てるようにしてください。
鉢受け皿に水が溜まったままだと、根腐れの原因になります。



肥料のポイント


小豆島産のオリーブの木の鉢植えです。背景の海は瀬戸内海です。

肥料は年に1~2回程度で良いでしょう。
春と秋に化成肥料などの置き肥や固形油肥を施すようにします。

鉢植えの場合は、肥切れによる葉の変色が見られるようになったら、緩効性肥料を施すようにしてください。



お手入れのポイント


オリーブは浅根で育つので、木をまっすぐ育てるには中心となる幹を選んで支柱を添えてあげると良いでしょう。
強風による倒れ込みを防ぐ意味合いもあります。

放っておくと、枝が混み合って形が乱れたりするので、樹全体に日光が当たるように、クロスした枝や下向きに伸びた枝などを、間引くように枝元から剪定(せんてい)するようにしましょう。

結実は樹齢8年以上の木に成るといわれていますが、オリーブはどの品種も自家受粉しにくいので、異なる品種の苗を2本以上植えると実付きが良くなります。

時折、葉巻き虫などの病害虫が発生する場合がありますが、オリーブの登録農薬であるスミチオン乳剤を定倍に希釈して散布するようにしてください。







オリーブの木(ネバディロ・ブランコ) の商品紹介のページへ


オリーブの木(ミッション) の商品紹介のページへ


オリーブの木(マンザニロ) の商品紹介のページへ


オリーブの木(チプレッシーノ) の商品紹介のページへ


特選オリーブの木(地植え限定・お届け日時指定不可) の商品紹介のページへ


Grande Olive(お届け日時指定不可) の商品紹介のページへ



ホーム(トップページ)に戻ります。



  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス