初めてCadeauをご利用の方へ
























おちゃのこネット登録



ホームお客様の声(その3)

お客様の声(その3)


ここに掲載させていただきました“お客様の声”は、2012年以降にCadeauで、小豆島産のオリーブの木をご購いただいたお客様の“生の声”です。

お客様の声(その1)は、こちらを

また、お客様の声(その2)は、こちらをご覧ください。

そして、お客様の声(その4)は、こちらをご覧ください。


神奈川県 K 様



ワイヤースタンドに載っているネバディロ・ブランコとミッション

できるだけオリーブに陽が当たるように、ワイヤースタンドにオリーブを植えた鉢を載せていらっしゃいます

この写真には写っていませんが、スタンドが倒れないように土の入ったプランターなどで重しをされています。



お客様の声

Cadeauより

西向きのベランダ・腰高のベランダの壁という環境で、なるべくオリーブに陽が当たるように、工夫をされていらっしゃいます。

このお客様の声をいただいた翌日は、台風のような暴風雨でした。
オリーブの上部がかなり揺れたそうですが、スタンドごと倒れることはなかったそうです。
心配しましたが、何事もなくて良かったですね。


東京都 片岡 様



テラコッタに植えられたネバディロ・ブランコ

送っていただいたお写真を拝見して、ワンサイズ下のテラコッタをお送りしたのではないかと焦ってしまいました。

お忙しいところ、寸法の確認をしていただき、誠にありがとうございました。



お客様の声

Cadeauより

今回はお客様の声以外にもメールにて、貴重なご意見をいただきました。

「どの高さの木に対して、どのサイズの鉢が適切なのか、プロのお勧めがあると、なおの事、購入しやすいと思われます。」

基本的に宅急便でお届けさせていただくオリーブに関しては、当店で販売させていただいている植木鉢のサイズで宜しいかと思います。

今回の片岡様のご購入いただいたネバディロ・ブランコは、枝張り・葉張りが顕著だったために、ヤマト便でお届けさせていただいたサイズですので、このテラコッタ(Carmaux FR1)が適切なサイズだったと思います。

更に大きな特選オリーブクラスの苗木でしたら、60φや70φクラスの大きな植木鉢に植えられるのが最適サイズだと考えております。

貴重なご意見ありがとうございました。


静岡県 O 様



お子さまとネバディロ・ブランコ

今回は玄関横の空きスペースにネバディロ・ブランコを鉢植えにしていただきました。
他にいただいたお写真では、玄関前のスペースにミッションも写っていました。

ネバディロ・ブランコも来シーズンは花芽を付けるのではないかと思います。
上手く実が付くと良いですね。



お客様の声

Cadeauより

植えられた時期(5月)でしたら、お育ての環境さえ良ければ、二週間程度で発根すると思います。
新芽の動きが確認できるのは、完全に根付いてからになりますので、もうしばらくお待ちください。

またのご利用をお待ちしております。
ありがとうございました。


奈良県 岩永 様



ネバディロ・ブランコ

オリーブと植木鉢とのバランスを心配されていらっしゃいましたが、現時点で良いバランスだと思います。

植木鉢もどっしりとしていて、良かったのではないでしょうか。



お客様の声

Cadeauより

当方とは世代が少し違うせいか、「オリーブ=レベッカ」はまったく思いつきませんでした。
どちらかというと「オリーブ」といえば「ポパイ」ですかね。(ちょっと古いですね^^)

この植木鉢はおそらく容量が大きそうなので、用土もたくさん入っているのだと思います。
初めて使う植木鉢ですと、用土が多いと水やりのタイミングが分かりにくいかも知れませんね。
水やりのし過ぎで用土が過湿にならないようにお気を付けくださいね。


神奈川県 太田 様



南向きのバルコニーに置かれたチプレッシーノ

このお写真の他にも、植込みの様子を何枚か撮って、送っていただきました。

ありがとうございました。



お客様の声

Cadeauより

地植えでなくても、オリーブを鉢植えで上手に管理されて、毎年オリーブの実の収穫をされている方もいらっしゃいます。

元気な状態を維持するだけではなく、いずれオリーブの実が楽しめるように育ててあげてくださいね。
(少しだけ植木鉢が小さかったようですので、根詰まりに気をつけてあげてください)

ありがとうございました。


千葉県 Y 様



チプレッシーノ

お庭のスペースの都合によっては、どうしても家やフェンスなどの近くにしか植わらない場合があります。

そういった場合はあまりオリーブを大きくすることなく管理していただくと、樹形を整えながら枝張りが抑えやすくなります。

頑張ってくださいね。



お客様の声

Cadeauより

お庭の限られたスペースでお育てになるとのことですので、上手に管理できるといいですね。

花芽は前年に伸びた枝につきますので、葉張りを抑えつつ上手に剪定してあげてください。

ありがとうございました。


京都府 F 様



お庭に造った小山に植えられたミッション

お庭にお子さまの遊び場(?)の小山があり、その中腹ぐらいに植えられています。

おそらく下手方向に倒れやすいので、添え木をしっかり施してくださいね。



お客様の声

Cadeauより

思ってもみなかった場所に植えられていましたので、少しコメントに困っています。^^;

大きくはなりにくいですが、(素焼きの鉢で)鉢植えをしてそのまま土に埋め込んでしまう方法もあります。
その方法のメリットは、移植の際にはオリーブを植木鉢から抜いて少し根を解したら、そのまま新しい場所に植え替えられるということです。

将来のこと(お庭を均した時のこと)をイメージしましたら、そんなことを思いました。
その時には植木屋さんなどの本職の方に植え替えをしていただければ良いのですが・・・

老婆心ゆえのコメントですので、お気に障りましたらお許しください。


東京都 S 様



チプレッシーノ

オリーブは浅い地層に根を伸ばし始めますので、根張りが良くなるようにしたいです。
またオリーブアナアキゾウムシは根元付近から侵入しやすいので、根元の近くで異常がないかすぐに分かるようにしたいです。

そういった理由でオリーブの根元付近に草花を植えるのは、できるだけしないようにしてくださいね。



お客様の声

Cadeauより

おそらくレンガで囲われた花壇には、最初からオリーブを植える予定だったのでしょうね。
見ごとにマッチして、いい感じです。

ご近所にもオリーブがあるとのことですので、もしかするとチプレッシーノ一本でも結実が期待できるかも知れませんね。^^


神奈川県 H 様



FR1 18号に植えられたネバディロ・ブランコ

オリーブを植えるテラコッタですが、このFR1かRene Lサイズと迷われている旨をお知らせいただいておりました。

玄関脇といっても、これだけ広いスペースですので、結果的にFR1で大正解だったと思います。



お客様の声

Cadeauより

玄関前の雰囲気からして、テラコッタに植えられたオリーブはすごくマッチしていると思います。

またネバディロ・ブランコは、オリーブが初めての方でも比較的樹形を整えやすい品種ですので、玄関先のシンボルツリーとして更にマッチするように育ててあげてくださいね。
ありがとうございました。


千葉県 Y 様



ネバディロ・ブランコ

このネバディロ・ブランコの他に、ミッションもご購入いただきました。

そのミッションのお写真も送っていただいていますが、隣家が写っていて掲載がNGとのことで、ネバディロ・ブランコだけの掲載にさせていただきました。



お客様の声

Cadeauより

鉢植えのオリーブを置かれる場所がタイルの上などの場合は、植木鉢の底とタイルなどが密着しやすく、植木鉢の水はけが悪くなる可能性があります。

そういった場合は、用土の水はけが良くなるように、植木鉢の底とタイルなどが密着しないような工夫をしていただくと良いです。

具体的には、上の神奈川県 H様のように、植木鉢の下にポットフィートを置いていただくと、たいへん良いと思います。


京都府 Y 様



ベランダのチプレッシーノ

お写真を送っていただいたメールには、「植木鉢が少し小さいかったかも?」とありました。

多少サイズが小さくても深さがある場合は、根が伸びるスペースがあるので大丈夫だと思います。



お客様の声

Cadeauより

植えてみて思ったより植木鉢のサイズが小さかった場合は、用土が充分入っていないことがありますので、夏などの高温期に用土が乾きやすくなります。
オリーブが水切れにならないように、水やりに気をつけてくださいね。

また、強い風が吹いている時には、風で倒れやすくなってしまうので、それも充分気をつけてください。

あとは根詰まりに注意していただければ大丈夫だと思います。
ありがとうございました。


千葉県 Y 様



ネバディロ・ブランコとミッション

送っていただいたお写真では、今回ご購入いただいた2本のオリーブの他にも、何本かオリーブをお育てのようです。



お客様の声

Cadeauより

オリーブの販売再開後からしばらくは、販売再開をお待ちの方が多くて、思ったようにご購入いただくことが難しいようです。
ご不便をおかけして、誠に申し訳ございませんでした。

“オリーブガーデンデッキ”  いいですね~♪
完成しましたら、またお写真を送ってくださいね。
ありがとうございました。


和歌山県 S 様



ベランダのシンボルツリー

オリーブが届くまでに気に入った植木鉢が見つからなかったそうで、このお写真では、プラ鉢に植え込んであるそうです。



お客様の声

Cadeauより

オリーブが届くまでに植木鉢が手に入らなかった場合は、スリット鉢などのプラ鉢に仮に植え込んでいただくと、当面の水やりができて良いです。

実物のオリーブで根鉢のサイズや木の大きさを確かめてから、適当な植木鉢に植えてあげるのも一つの方法だと思います。

その後気に入った植木鉢は見つかりましたでしょうか?
ありがとうございました。


鹿児島県 S 様



玄関先の鉢植えオリーブ

玄関前のスペースに置いていただいているようです。



お客様の声

Cadeauより

バークチップなどで用土の上にマルチングをされている方が最近は多いようです。
用土の上にマルチングをしてしまうと、用土の乾き具合が分かりにくいかと思います。

くれぐれもオリーブが水切れや過湿にならないように、充分注意してあげてください。
ありがとうございました。


福岡県 河本 様



ナチュラルガーデンのパズルのひとつだったオリーブ

どこかのおしゃれなショップさんのガーデンゾーンかと思うくらい素敵なお写真ですね。

他にいただいたお写真には、植木屋さんから購入された方のオリーブの枝葉が、少しだけ写っていましたよ。



お客様の声

Cadeauより

お届け日のご指定がない場合は、多くの地域で発送日の翌日にはお届けさせていただいていると思います。

もし台風が接近中などの事情で、届いたその日に植え込むのが難しい場合は、根鉢が乾いていないかチェックして、もし乾いていなければ、そのまま箱に戻していただいければ、1~2日くらいであればそのままでも大丈夫だと思います。(念のため毎日根鉢が乾いていないかチェックしてください)

植木屋さんの方のオリーブは、一見するとネバディロ・ブランコではなさそうです。
そのうちに結実すると良いですね。


奈良県 S 様



玄関前の花壇に植えられたチプレッシーノ

玄関前の花壇で、二人のお子様とチプレッシーノのワンショット。

この場所で成長の早いチプレッシーノを伸び放題にしたら、たぶん1~2年で窮屈になってしまうのではないかと・・・



お客様の声

Cadeauより

何度もチャレンジしていただいたようで、ありがとうございました。
お子様にも気に入っていただいたようで良かったです。

もし今の場所で窮屈になって、広い場所に移殖される場合は、植木屋さんなどの本職の方にお願いして移動させてあげてくださいね。
宜しくお願い致します。


兵庫県 D 様



花壇に植えられたシンボルツリー ミッション

お家の正面にある日当たり抜群な花壇が、今まで芝生だけだったとは、もったいなかったですね。

オリーブを花壇に植えることができて良かったのではないでしょうか。



お客様の声

Cadeauより

5月は新芽が動く(成長する)時期なので、古い葉を中心に役割を終えた葉が、いくらか落葉することが多いです。
これは、“譲り葉(ゆずりは)”という現象で、毎年のように起こりますので、それ程心配されなくても大丈夫です。

植え付けの高さや添え木の設置も完璧です。
素晴らしいです。


東京都 M 様



黒のナーセリーポットに植えられたミッション

お育ての環境や時季に合わせた水やりさえできれば、オリーブは植木鉢の種類を選びません。
ですので、ナーセリーポットでも充分ありだと思います。

植えてから一年もすれば充分に根が張りますので、鉢植えの場合は添え木を外していただいても大丈夫ですよ。



お客様の声

Cadeauより

回転台についてですが、盆栽用で「日照回転台」というものがあります。
ただこれは、しっかりとした場所に置くもので、土の上のように不安定な場所に置けるような回転台は、おそらくないのではないかと・・・

ところで、オリーブの中でミッションだけ、強風に倒れやすいといったことはありません。
ほとんどのオリーブは浅根性なので、地植えする場合は必ず添え木をしてくださいね。
鉢植えの場合は、根が張るまでに木が大きく揺すられなければ大丈夫です。


東京都 I 様



トリニダード 012の黒鉢に植えられたネバディロ・ブランコ

ちょうど、ご注文をいただいた時期に、この植木鉢(トリニダード 012 黒鉢)の在庫が少なくなっていたので、欠品する前のご注文で良かったです。

オリーブもご縁ですが、植木鉢の方もご縁でしたね。^^



お客様の声

Cadeauより

“瀬戸内オリーブ基金”から、よくぞ“Cadeau”に、たどり着いていただけました。
ありがとうございます!

植木鉢については、卸元にも新しい商品をお願いしていますが、入荷数の都合でまだまだご紹介できていない植木鉢がございます。
またご縁がございましたら、そちらの植木鉢もお試しいただけたらと存じます。
ありがとうございました。


東京都 N 様



広いバルコニーに置かれたミッション

充分過ぎるほどの大きさのプランターに植えていただきました。
かなりの量の用土が必要だったと思います。

日当たりが良さそうな場所ですので夏場は良いのですが、用土が乾きにくい時季には、くれぐれも過湿にならないように充分注意してあげてください。



お客様の声

Cadeauより

日当たり抜群な広い場所でお育ての場合は、まわりに風を遮るものが何もなかったりします。
そういった場所で、風が強く吹いたりしますと、せっかく根付いた根が、オリーブが風に強く揺すられることで、所々で切れてしまうことがあります。

そういった場合は、鉢植えでも添え木をしてあげることで、木が風に揺すられることを防止できると思います。
大きな植木鉢でお育ての場合は、お試しください


大分県 小田 様



ネバディロ・ブランコ

最初にお送りいただいた写真では、随分深く植えられていたようでしたので、浅く植え直していただくようにアドバイスをさせていただきました。

この写真は、植え直していただいてからのものです。
お手数をお掛けしました。^^



お客様の声

Cadeauより

昨シーズン(2013年)の終盤にお問い合わせをいただいて、それから今シーズンの販売が再開されるまでの間、少しお待ちいただくことになりましたが、無事にご購入いただくことができて良かったです。

以前からお育ての小さなオリーブの木と同様に、このネバディロ・ブランコも可愛がってあげてくださいね。
ありがとうございました。


富山県 K 様



お庭に植えられたミッション
鉢植えされたネバディロ・ブランコ

左が先にお届けさせていただいたミッションで、右が後日ご購入いただいたネバディロ・ブランコです。

鉢植えされたネバディロ・ブランコに添え木がされているようですが、お庭に植えられたミッションには添え木がされていないようでした。(添え木をしていただくように、アドバイスをさせていただきました)



お客様の声

Cadeauより

お住まいの地域の気象データを調べましたが、冬は寒さが厳しいようで、地植えしたミッションの方は今年の冬が少し心配です。

積雪で根雪のような状態になると、融けた雪の水分で土が過湿の状態になりますので、なるべくオリーブの根の上あたりに積もった雪は、適宜どかすようにしてください。

晴れ間がのぞいた日には、土が乾きやすくなるようにしていただくと良いと思います。


埼玉県 Y 様



ベランダのオリーブ

南側のベランダに置かれたネバディロ・ブランコです。

日当たりが最高ですね。
きっとオリーブも大喜びしていると思います。



お客様の声

Cadeauより

灰の木(ハイノキ)は、半日陰でも問題なく育つそうですが、オリーブだと日光の当たり具合によっては、偏伸長(光を求めるように偏って成長すること)が起こることがあります。
南側の良く陽の当たる場所に置いていただいて、良かったと思います。

クリスマスツリーはクリスマスが済みましたら、オリーブを陽の当たるベランダに戻してあげてくださいね。


東京都 T 様



鉢植えされたオリーブ

プリントしたお写真を“お客様の声”と一緒に送っていただきました。

いずれ地植えにされるそうで、取りあえず鉢植えにされたとのこと。

仮植えに使う植木鉢ではないような、立派な植木鉢ですね。(汗)



お客様の声

Cadeauより

Cadeauサイトをご覧いただく時期によっては、新商品のオリーブがアップされても、すぐに売り切れてしまうことがあります。

今シーズンは例年に比べて、すぐに売り切れてしまうことが少ないようで、オリーブとの良い出会いになったのではないでしょうか?

また機会がございましたら、宜しくお願い致します。
ありがとうございました。


神奈川県 O 様



植木鉢に、がっしり固定されたオリーブ

植え込む際に少しトラブルがあって、オリーブの根が動かないようにするために、添え木とビニール紐でオリーブを固定していただいています。

このお写真は植え込んでから約一か月後の写真です。

軽症で済んで良かったですね。



お客様の声

Cadeauより

植え込まれる時に少しトラブルがありましたが、オリーブに少し影響が出たくらいで済んで良かったですね。

トラブルが起きた時は心配されたでしょうが、印象的な思い出になったのではないでしょうか?
気温が高くなって、もしオリーブの調子がおかしくなったら、早めのご連絡をお願い致しますね。


愛知県 N 様



ベランダのオリーブを室内から犬が眺めている

白い素焼きの植木鉢に植えていただいたようです。

室内ではワンちゃんがオリーブに興味津々のようです。



お客様の声

Cadeauより

品種では、ミッションとチプレッシーノが人気で、樹形の特に整っているオリーブは品種を問わず人気のようです。
そういった新商品のオリーブが続きますと、運が良くないとご購入までには至らないことが多いようです。

スタートオリーブとしては、ネバディロ・ブランコはとても育てやすいので正解だと思います。
ベランダガーデンづくりがある程度進みましたら、セカンドオリーブにもチャレンジしてみてくださいね。
ありがとうございました。


埼玉県 M 様



オリーブに抱きつく格好の女の子

ネバディロ・ブランコ、ミッション、マンザニロと、今回3本ご購入いただいた内のミッションが届いた後でお送りいただいたお写真です。

このミッションには蕾がいっぱい付いていたようです。



お客様の声

Cadeauより

今シーズンは移植したばかりなので、オリーブの実を付けると、木には負担になってしまいます。
根付かせるのを最優先にするために、もし結実していた場合は摘果していただくと、オリーブのためには良いかと思います。

結実の楽しみは、来シーズン以降までお待ちくださいね。


東京都 M 様



鉢植えのオリーブの前に立つお子さま二人

置かれる場所、植木鉢のサイズなどいろいろ迷われて決められたようです。

お子さまも喜んでいるようですし、大正解だったのではないでしょうか。

「オリーブ!」って、大きな声で言っているのかな?



お客様の声

Cadeauより

ご旅行先の小豆島では、今回ご購入いただいたマンザニロ以外にも、多くの品種のオリーブと出会えると思います。

この苗木ほどの大きさのオリーブを持ち帰るのは難しいかと思いますが、ポット苗でいろいろな品種のオリーブが手に入ると思います。
良かったら、連れ帰って育ててみてくださいね。


北海道 渡辺 様



玄関先の鉢植えオリーブ(ネバディロ・ブランコ)

配送がお中元の時期に重なってしまい、お届けまでに少し時間がかかってしまいましたが、結果的にオリーブと植木鉢が同時に届いたようで良かったです。

この他にも、室内でお育てのチプレッシーノのお写真も送っていただきました。



お客様の声

Cadeauより

植え付け後、水やりの頻度が多かったようで、少しオリーブの調子を落としてしまわれたので、少し心配しておりましたが、逐一ご報告いただいたので、適切なアドバイスができて良かったです。

北海道ということで、低温期は室内での管理になりますが、くれぐれ水切れや過湿にならないように気をつけてあげてくださいね。
ありがとうございました。


岐阜県 Y 様



鉢植えされたネバディロ・ブランコ

ゆったりサイズの塩焼き鉢に植えていただいたようです。

オリーブの後ろに見える、春に新築されたお住まいは、おしゃれなショップのような雰囲気ですね。



お客様の声

Cadeauより

気になっていたオリーブをタイミング良くご購入することができて良かったですね。

鉢植えから地植えにする時のポイントは、植木鉢の中で詰まってしまっている根を少し解して、根鉢が周りの地面よりも高くなるように植え付けることです。
オリーブを植え付けた後には、必ず添え木を施してあげてくださいね。


兵庫県 N 様



花壇に植えられたオリーブ(ネバディロ・ブランコ)

このお写真では、花壇の中心にオリーブを植えられていますが、オリーブが成長するとお隣に枝葉が出てしまう可能性がありますので、できるだけお隣との境界から離すように、植え直していただきました。



お客様の声

Cadeauより

お届け直後から水を与え過ぎてしまわれたようで、オリーブが少し弱ってしまったようです。

オリーブの変調に気が付かれてから、ご相談を早急にいただけたので、適切なアドバイスができたと思います。
ありがとうございました。


千葉県 K 様



バルコニーに鎮座するオリーブ

窓からトトロ(?)がオリーブをお出迎え。

トトロは森の主で、巨大なクスノキに住んでいるとか。

オリーブの守り神になってくれるといいですね。



お客様の声

Cadeauより

梱包する前にハマキムシの卵を見落としてしまったようで、たいへんご迷惑をお掛けしました。
誠に申し訳ございませんでした。

ネバディロ・ブランコは、他の品種のオリーブと開花の相性が良いので、もし来シーズン以降でも結実させたい場合は、他の品種のオリーブを近くでお育てくださいね。
ありがとうございました。


香川県 S 様



オリーブと小さなお子さま

さすがに小さなお子さまでは、オリーブには無関心のようです。(苦笑)

鉢植えにも関わらず添え木をしていただいています。
根が充分に張りましたら、添え木は外していただいても大丈夫だと思います。(もちろんそのままでも問題はありません)



お客様の声

Cadeauより

いずれテラコッタ鉢に植え替える予定でしたら、もう一回り小さなサイズのナーセリーポットでも良かったかもです。

このサイズのポットでしたら、根詰まりするまで3年くらいはかかると思います。
2年くらいでテラコッタに植え替えるくらいの方が、植え替え作業は楽かもしれませんね。


東京都 S 様



お子さまとテラコッタ鉢のオリーブ

植木鉢のサイズについてご心配されているようですが、径が48cmもありますので大丈夫だと思います。

鉢の中の土の量が少ない場合は、根詰まりするのが少し早くなるかも知れませんので、お気をつけください。



お客様の声

Cadeauより

深い鉢は浅い鉢に比べて容量が大きいので、根が伸ばせるスパースが広くて良さそうに思えますが、新たにオリーブを植え付けた場合は、根からの水揚げがあまり期待できないので鉢の内部の土が乾きにくく、水やりのタイミングを計るのが少し難しいかも知れません。

オリーブを初めてお育ての方は、少し浅めの植木鉢を使うと、水やりのタイミングを計りやすくて良いかも知れませんね。


徳島県 M 様



家の前の花壇に植えられたオリーブ

花壇の周りがコンクリートばかりのようですので、夏の日には放射熱で周りが思っているよりも高温になってしまう可能性があります。

夕方の水やりの際に葉水を行っていただくと、オリーブの水揚げの負担も下がり、水やりの効果も上がると思います。



お客様の声

Cadeauより

新築した時にはオリーブを植えるという、長年の思いが叶って良かったですね。

送っていただいたお写真では、添え木をしていただいていないように見えましたが、どうでしたでしょうか?
地植えした時は、見た目は良くはありませんが必ず添え木をして、風でオリーブが揺すられても大丈夫なようにしておいてくださいね。


愛知県 K 様



ご結婚のお祝いの品 オリーブの木

お昼近くにお写真を撮られたようですが、日当たりが抜群とまではいかないようですね。

こういった環境の場合は、植木鉢にも日が当たりにくく、気温が下がってくると土も乾きにくくなると思いますので、植木鉢の中が過湿にならないように気を付けてくださいね。



お客様の声

Cadeauより

結婚などのお祝いで、友人にこのオリーブを買ってもらいましたとか、逆にお祝いで知り合いに贈るんです・・・という方は、毎年何人もいらっしゃるようです。
非常にセンスの良くて、縁起の良い物を贈られたと思います。

植木鉢を一緒に送ったりすると、少し金額が張ってしまいますが、ちょっとない贈り物になります。
みなさんも大切な方への贈り物にいかがでしょうか?^^;


東京都 S 様



テラコッタ鉢のマンザニロ

ご注文いただいたテラコッタ鉢の在庫が少なくて、在庫があるかヒヤヒヤしていました。

ご希望のテラコッタ鉢が間に合って良かったです。
植えられたオリーブもいい感じですね。^^



お客様の声

Cadeauより

オリーブが届くまでのワクワク感があると思いますが、、枝をまとめてある紐を外した時の感動も一入だと思います。
そしてオリーブが根付いて新芽が生え揃った様は、感動ものだと思います。

最初に送っていただいた写真の他に、オリーブ(マンザニロ)がよく見えるようにと、写真を撮り直してわざわざ送っていただきました。
ありがとうございました。


東京都 I 様



スリット鉢のオリーブ

スリット鉢で充分な発根をさせてから、本鉢に植え替える予定だそうです。

スリット鉢は、その名の通り鉢にスリットが入っていて水切れがとても良いので、気温が高い時期に水切れにならないようにご注意くださいね。



お客様の声

Cadeauより

頻繁に小豆島を訪れてオリーブに癒されたり、オリーブの本場スペインで挙式されたりとありますので、かなりのオリーブマニアと察します。
そんな方からオリーブを盗んでいった人は、本当に酷い奴だと思います。
オリーブ好きな人に、悪い人はいないと思っていましたので、残念な気がしますね。

オリーブの生育に慣れている方でしたら、樹形のキープはそれ程難しくはない筈です。
頑張ってみてくださいね。


鹿児島県 D 様



ガーデニングの第一歩 オリーブ

植木鉢の下が土のようなので良いとは思いますが、用土の乾きが良くない場合は、植木鉢の下にレンガなどを置いておくと、鉢底穴から水抜けが良くなるのでお試しください。

育てる場所のスペースの関係もあるかも知れませんが、もう少し建物から離してあげると良いかなぁ~と思います。



お客様の声

Cadeauより

以前から欲しかったオリーブが、手に入って良かったですね。
今シーズンは例年と比べると、ご注文のスピードがゆっくりなので、何度かチャレンジしていただくとご購入の可能性は高いと思います。

お庭作りが進んで、ご縁がございましたら、また宜しくお願い致します。
ありがとうございました。


大阪府 K 様



花壇のオリーブ

送っていただいたこのお写真で気になった所がいくつかありましたので、アドバイスをさせていただきました。

すぐにご対応いただいたようで、ありがとうございました。



お客様の声

Cadeauより

玄関近くにウエルカムツリーとしてオリーブを植える場合は、ある程度オリーブが大きくなってもいいように、建物やアプローチから少し離して植えると良いです。
偶然かも知れませんが、何となく良さそうな位置に植えられているようです。

大きくなってからオリーブを移動しようと思ったら、たいへんですものね。
それと玄関先では見た目は少し良くないですが、添え木も忘れずにお願いしますね。


愛知県 K 様



「おりぞう」と名付けられたネバディロ・ブランコ

セオリー通りに高植え、また添え木が施されていますので、バッチリですね。

このネバディロ・ブランコの他に、ルッカもお育てだとか。
早く実がつくようになるといいですね。



お客様の声

Cadeauより

ルッカは元々自家結実性が少しはありますので、実が付く可能性はあるのですが、開花時期の合う違う品種のオリーブが近くにあった方が、結実の可能性は大きくなります。

ルッカ、ネバディロ・ブランコとも一般的にはオイル用品種として有名です。
実が柔らかいので歯ごたえという点ではやや物足らないのですが、新漬けなどで食用としても楽しむことができます。
何年かして結実するのが、今から楽しみですね。^^


神奈川県 宇佐美 様



たっぷりの水やり

周りがコンクリートのようなので、植木鉢の下にポットフィートを置かれているのは、水はけと風通しを考えると大正解だと思います。

隣の二つの鉢植えとは、用土の量が違いますので、過湿にならないように、水やりの間隔に気を付けてくださいね。



お客様の声

Cadeauより

メールのお問合わせでは、ガーデニングは初めてとのこと。
当店でご購入の方であれば、オリーブ担当までご遠慮なくご相談ください。(ご回答に少しお時間をいただく場合がございます)

年間を通してのオリーブの管理・手入れについては、『 オリーブ (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 ) 』が分かりやすく書いてあるので、一冊お手元にあると便利だと思います。


大阪府 O 様



マンザニロ(左)とネバディロ・ブランコ(右)

続けてご購入いただいた、ネバディロ・ブランコ(右)とマンザニロ(左)です。
オリーブに合わせてテラコッタ鉢もご購入いただきました。

外構工事中とのことで、仮の場所で撮影していただきました。



お客様の声

Cadeauより

以前オリーブをご購入いただいた他のお客様ですが、クリスマスの時だけ鉢植えのオリーブの木を室内に入れて、クリスマスツリーとして飾り付けて使われている方もいらっしゃるそうです。

今年は楽しいクリスマスになるといいですね。
ありがとうございました。


東京都 W 様



お庭のネバディロ・ブランコ

空きスペースの関係もあるかと思いますが、建物やフェンスなどの構造物のすぐそばにオリーブを植えられているのを見かけます。

オリーブは年々太く大きくなりますので、なるべく建物などから離れた所に植えるようにしてくださいね。



お客様の声

Cadeauより

建物などの近くに植えてしまって、何年かしてオリーブが大きくなってから、「建物に当たるようになったので、何とかしたいです。」というようなご相談が稀にあります。

大きくなってからの移植は、手間も費用もかかりますし、オリーブにとっても負担になります。
樹木は地植えすると大きくなるものと心掛けて、大きくなった時のことをイメージして植えるようにしてくださいね。


大阪府 O 様



ミッション

先日のネバディロ・ブランコ、マンザニロに続いて、ミッションをご購入いただきました。

テラコッタ鉢はお揃いの鉢をご用意いただきました。



お客様の声

Cadeauより

いろんな方のブログに、Cadeauのオリーブを取り上げていただいているようで感謝です。
たぶんオリーブの某有名ブロガーのブログで、お知りになったのではないでしょうか?

来シーズン以降で、もしご縁がございましたら、またよろしくお願いしますね。
「オリーブの森」・・・期待しています。^^;
ありがとうございました。



トップページは、こちらです。


お客様の声(その1)は、こちらからご覧いただけます。


お客様の声(その2)は、こちらからご覧いただけます。


お客様の声(その4)は、こちらからご覧いただけます。


このページ上部へ戻ります
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス